MACストア オープン

 

2020年 春 MACストアオープン!

医学生、医師の皆様へ

MACストアでは、医学生の進級・CBT・卒試対策、医師国家試験対策、医師の資格対策、生涯学習のため、それぞれ最も効率良く「医学力」を伸ばす学習ができる講座を用意しました。

● 試験に受かるためだけの「テクニック」を身につけるのではなく、MACでは真に「医師」として必要な問題解決能力を日々身につけていくトレーニングを重視しています。日々の試験、または、臨床の現場で自信を持って挑めるように、ベテラン講師陣による「講義力」を是非お試しください。


◉ 3つのPOINT

 


スマートフォン、タブレット、PCでいつでもアクセス

1.5倍速はもちろん、視聴期間延長できる!
忙しい皆様に最適です

テキストは検索可能なPDF(目次・しおり機能付き)

 

 

 

◉お勧め講座(一例)

なんといっても「内科BASIC」new

内科学の揺るぎない“幹”を作り上げるDr.東田の系統講義。
まずはこの講義を聴いて、偏りのない正しい医学知識をINPUTして下さい。
全学年にお勧めします。サンプル動画はこちら

 

「到達度試験&解説」new

到達度試験&解説シリーズは、各学年に合ったオリジナル問題(内科メジャー)の試験を臓器別に行い、医学力を養成する講座です。状況に応じた「考える過程」を身につけ、各種試験で揺るぎない力を発揮します。
4年、5年、6年と学年別にご用意しました。6年生のサンプル動画はこちら


「症例検討−臨床推論のトレーニング−」new

臨床推論力に磨きをかける。時系列で、主訴 → 現病歴・生活歴・現症 → 検査所見 → 治療法等が提示され、それぞれの段階でいかに対処すべきか、重症度・緊急度を加味しながら目の前の患者さんをどのようにマネージメントするかをQ&A形式で学んでいきます。サンプル動画はこちら

 


 

各講座の詳細ページでサンプル動画を公開しています。是非ご覧下さい。

*講座の購入・視聴にはMAC iShoolへの会員登録(無料)が必要です。初めての方はこちらから。

MediTunes 11月 新講座のご案内です

 

Dr.東田の新・講座が登場!

まずは「救命救急」講座。

 

 

 

 

 

救命救急の基本的事項を過去問解説を交えながら解説しています。
BLSについてはアメリカ心臓協会(AHA)の
「心肺蘇生ガイドライン」に基づいて解説しています。

サンプル動画はこちら

 

 

そして、「必修・禁忌」講座。

 

 

 

 

 

第112回から一般・臨床・必修の配点が変わり、
必修の臨床問題だけが1問3点と非常に比重が重くなりました。
そのため、必修の臨床問題を落とすこと = 国試合格が遠のいてしまうことになります。

本講座では出題者の意図を汲みながら必修問題の解法のポイントについて解説していきます。

Dr.東田と必修対策をしませんか?

サンプル動画はこちら

 

 

MediTunes サプリ講座ですが、MediTunes 国試DBと連動しています。

 

 

 

 

 

 

講座内で解説している問題を国試DBで演習することができるので、
動画視聴の前の予習、もしくは、動画視聴後の復習に最適なんですよ。

MediTunesで国試DB & サプリ講座を連動して活用してみてください。

サプリストアラインナップはこちら

 

 

 

 

 

MediTunesは月額制のオンライン動画学習サービス(月額 1480円)です。
サプリ講座の視聴にはMediTunes会員であることが必須となります。

MediTunes 会員登録はこちら

臨床問題の解き方って?

 

Dr.東田の臨床問題の解き方

2019年 MACの開校日の講義。

医師国家試験で出題される臨床問題の解き方、および、
国試合格・成績アップにつながる勉強方法の話ですが、
皆さん、ご覧になりましたか?

ちょっと、113回の問題をピックアップしてみましょう。

 

第113回医師国試解説

【113A24】

45歳の女性。発熱、咳嗽および呼吸困難を主訴に来院した。1週間前の7月初めに咳嗽が出現し、3日前から37℃台の発熱があり、昨日から呼吸困難も伴ったため受診した。3年前から毎年6月初旬から8月にかけて同様の症状を起こし、昨年も入院加療している。3年前から築25年のアパートに暮らしており、室内には趣味の観葉植物が多くあるという。両側胸部にfine cracklesを聴取し、胸部エックス線写真ではびまん性散在性粒状陰影を認める。Trichosporon asahii 特異抗体が陽性である。

この患者で認められる可能性が低いのはどれか。

a. IgE高値

b. 帰宅試験陽性

c. 拘束性換気障害

d. 肺の病理所見で肉芽腫

e. 気管支肺胞洗浄液CD4/CD8比低下

=============================

45歳の女性です。
発熱呼吸困難、主訴が3つ。

主訴には想定される因果関係がある。
患者さんは主訴で来る、つまり、結果で来ます。

結果をみて、原因は何かを我々は考える必要がある。
原因があって、その結果どうなるか。因果関係は分かりやすいですね。

でも結果から原因を推測するのってめちゃくちゃ難しいです。
練習が必要なんです。

 

by Dr.東田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんの主訴から、病気の原因を導く。

これが診断力です。

 

 

できれば低学年の時から東田先生の講義でトレーニングしてみて下さい。
必ず後から結果がついてきます。

4月から働き、半年で既に悩んでいる研修医の方には初心に戻る意味で、
医学生の方は勉強の仕方を振り返るきっかけとして、
是非視聴してみてくださいね。

 

=============================

臨床問題の解き方って?いかがでしたか?
低学年のうちに考え方のテクニックを身につけたいですね!

MediTunes 編集部

 

 

 

MediTunesは月額制のオンライン動画学習サービス(月額 1480円)です。サプリ講座の視聴にはMediTunes 会員であることが必須となります。
MediTunes 会員登録はこちら

MediTunesに Myセット機能が追加

国試DBでMyセットを作ろう!

ユーザの皆様、長らくお待たせしました。
本日MediTunesの国試DBで自分だけのオリジナルセットを作成できるようになりました。

(*旧サービス「医師594online」ではサービス開始当初から過去問からセットを自由に作成していましたが、今回のMediTunesはさらにパワーアップした内容です。)

Myセット機能とは?

 

・国試DBで自由に問題セットを作成し、演習することができます。
・作成したセットを共有し、皆で同じセットを演習することもできます。
・おすすめの公式セットも公開!過去問演習のバリエーションが増えました。

 

Myセットはどうやって作るの?
公式セットって何?

いきなり公式セットでてきました。
こちらも旧サービス「医師594online」をご利用頂いていたユーザ様はお分かりだと思いますが、MediTunes編集部が自信をもって選出したセットになります。
*画像はほんの一例です(順次追加します)

つまり、自分で作成したい人は自分でMyセットを作る。
とりあえず、公式おすすめセットをやってみる。
など、ご希望に併せてご利用頂けます。

詳しく見ていきましょう!

 

Myセット作成方法

「新規作成」ボタンより、
①問題番号検索(Myセットに入れたい問題番号を入力してください)
②問題の詳細検索(詳細検索からMyセットを作成します) 
どちらかを選び、セット名をつけて保存してください。

公式セットの取得方法

「おすすめを見る」ボタンより、公式おすすめセット一覧が表示されます。各セットの「追加」ボタンより追加してください。

Myセットの演習方法

「問題を解く」ボタンより、「この順で演習」など選択してご利用ください。

◆ Myセットの編集・削除について

自分が作成したMyセットは編集(削除のみ)することができます。
追加したい場合は、各問題画面の下、「Myセット追加」より追加することができます。

◆ 公式セットの編集・削除について

公式セットは編集できません。「削除」ボタンを押すと、自分のページから削除することはできます。

◆ Myセットの共有について

仲間内で同じセットで演習したい時に共有することができます(MediTunesユーザに限る)。共有したい人に「共有URL」をお知らせ下さい。ログイン後、Myセットに追加することができます。


国試DBでMyセットを作ろう !

勉強会セットを仲間と共有しよう !

公式おすすめセットも活用しよう !

 

 

 

 

 

 

 

MediTunesは月額制のオンライン動画学習サービス(月額 1480円)です。サプリ講座の視聴にはMediTunes 会員であることが必須となります。
MediTunes 会員登録はこちら

MediTunes「おすすめレビュー」とは

おすすめレビュー投稿をはじめます!

おすすめレビュー投稿はじめます!

MediTunesでは、サプリストアにてお買上げいただいた商品に対して、お客様からの感想を掲載する【おすすめレビュー】をはじめます。


どうやってレビューを投稿するの?

さぁ一緒にみていきましょう。

まずは、サプリストアでお買い物をします。
*講座を購入した方がレビュー投稿することができます。


次に講座を視聴します。

PDFテキストもチェック、問題演習もこなしたら、
さぁ、レビューを投稿してみましょう。

 

おすすめレビューを投稿するには

まずはマイページへ進みます。

左サイドメニューの購入履歴から、講座一覧が表示されます。
すると、右の方に小さく「レビューを書く」と表示されました!

 

 

 

レビュー投稿でポイントを貯めることができます。

 

おすすめレビューご利用規約

このおすすめレビューは、お客様が他の人にもすすめたい講座についてのコメントを掲載するものです。
講座の内容とは関係のないご意見(配信スケジュールなどの質問、サービス全般に関する感想など)についての投稿はご遠慮ください。他のお客様がお買い物をされる際の参考になるレビューをお待ちしております。 

MediTunes事業部(以下「運営者」といいます)は、その運営するおすすめレビュー(以下「本サービス」といいます)のご利用規約(以下「本規約」といいます)を次のとおり定めます。

免責事項について
・お客様から頂戴した投稿につきましては、当社は一切の責任を負いません。
・ご投稿に対して返信などの対応はできませんのであらかじめご了承ください。
・また、運営者は、本サービスに表示される各種提供情報に関して、ユーザーに生じた一切の損害、トラブルに関して運営者の故意または重過失によらない限りいかなる責任も負いません。

コメントの掲載・削除について
運営者は、お客様が投稿したコメントその他の情報について、以下の一つでも該当する場合には、運営者の判断によって、お客様に断りなくこれを掲載しない、あるいは掲載後削除できるものとします。
(1)商品またはサービスに関する否定的な内容、ご意見、ご質問、その他商品と関係がないコメントを含む場合
(2)当該情報が運営者もしくは第三者の著作権その他の権利を明らかに侵害し、または運営者もしくは第三者の名誉もしくは信用を毀損していると認められる場合
(3)当該情報が第三者の著作権その他の権利を侵害し、または第三者の名誉もしくは信用を毀損しているとの警告を運営者が当該第三者から受け取った場合
(4)法令に違反していると認められた場合
(5)法令上の根拠に基づき官公庁、公的機関から削除するよう命令を受けた場合
(6)3および4の禁止行為に当たる場合
(7)投稿者本人または第三者の個人を特定できる情報(電話番号・住所・Eメールアドレスなど)を含む場合
(8)運営者が運営するサイトで提供している商品・サービスと無関係な内容を含む場合
(9)その他本サービスの運営にとって不適切と認められる場合

投稿に関する禁止事項
本サービスに対して、下記に該当する投稿・コメントは禁止いたします。 該当する投稿・コメントは予告なく削除、編集することがあります。その際に、該当者への通知は行いません。
(1)本人の承諾なく個人情報を特定、開示、漏洩するもの
(2)特定の個人・団体の名誉や信用を傷つける、または誹謗中傷するもの
(3)公序良俗に反するもの
(4)法令違反に該当するもの
(5)わいせつ表現
(6)その他、運営者が不適当と判断するもの

その他
おすすめレビューをご投稿いただいてからサイトに掲載されるまで数日かかる場合がございます。 一部商品につきましては、おすすめレビューを受け付けても掲載されない場合がございます。 投稿いただいたおすすめレビューの著作権は運営者に帰属します。 投稿いただいたおすすめレビューは、個人を特定しない統計的情報として利用させていただく場合がございます。

運営者は、本条各項に定めるほか、法律上の請求原因如何を問わず、運営者の故意または重過失によらない限りいかなる場合においても本サービスの利用に関して生じた損害、損失、不利益などに関して責任を負わないものとします。

 

 

皆様の投稿をお待ちしております!

 

 

 

MediTunesは月額制のオンライン動画学習サービス(月額 1480円)です。
サプリ講座の視聴にはMediTunes会員であることが必須となります。

MediTunes 会員登録はこちら

 

産婦人科は敬遠しがち!?

学内試験、卒業試験、国家試験の対策に!

産婦人科、好きですか? 苦手ですか?

産婦人科の問題は覚える数字は多いし、回旋・更年期など特殊な問題も数多く出題され苦手意識を持たれている学生さんが多いのではないでしょうか。私もそんな1人です。。

そんな方に今日ご紹介するのはぴったりかもしれません。
現役産婦人科医師であるDr.はやとの「Dr.はやとの産婦人科総整理」講座。

 

はやと先生のプロフィールをみてみましょう。

現役産婦人科医師。
医師国家試験予備校 MAC(マック・メディカル・アカデミー・コーポレーション)の産婦人科担当講師。
歯切れのいいトークが好評。

そう現役の産婦人科医師なんですね。
臨床実体験に基づいた苦労話、四方山話を聞いて興味を持って学習してみませんか?




この講座は、

「診断や治療、検査にまつわるエピソードやそれに至るプロセスを軽妙なトークで伝え、みなさんの可能性の引き出しを増やします。

(by Dr.はやと)

 

はやと先生についていきます!

◎医師国家試験対策だけじゃない
あくまで対象は医師国家試験を目指す人々ですが、助産師を目指す皆さんや、産婦人科がちょっと苦手な医大生、昨今のドラマや漫画や映画で産婦人科医療に興味を持った方々にもオススメです。

◎アップデートにも対応
医療では時代が進む度に治療ガイドラインやまつわる常識が変化してきます。臨床の現場や学会で転がっていた情報、拾ってきたネタが実は最新の情報であることはよくあります。新作の問題対策にも最適です。

◎充実の問題ラインナップ
莫大な数の問題演習があり、しっかりと復習ができれば予習は不要です。もし予習をされる方は問題を解くよりもまず臨床問題の文章をみて想像を膨らませて臨むと効果的です。

 

問題をがつがつ攻めます!

 

「Dr.はやとの産婦人科総整理講座」

 サンプル動画こちら

 

 

 

MediTunesは月額制のオンライン動画学習サービス(月額 1480円)です。
サプリ講座の視聴にはMediTunes会員であることが必須となります。

MediTunes 会員登録はこちら

MediTunes 7月 新講座のご案内です

画像診断演習

画像に強くなる! 診断力を鍛えよう。

選択肢のない世界で、画像だけを見て診断する自信はありますか?

何度も過去問を解いていると、答えを覚えていたり、
画像を見ないでも解けてしまうことありますね。

ひたすら過去問を暗記するだけでは、仮に国試を突破できたとしても、
その後の長い医師人生は厳しい道のりが待っています。

だからといって、画像問題を全て自分でやるのも大変ですよね。。。




そこで!

本日登場しました「診断力を鍛える!画像診断演習」
画像問題に特化した講座です。

この講座は、

「国家試験の既出問題の画像をピックアップして、患者マネージメントに役立つ設問を設けました。

設問に対してちゃんと答えられるかどうか、それを一緒にやりたいと思います。」

(by Dr.東田)

 

東田先生と一緒に画像のトレーニングができます。
心強いですね!

  • この講座では、素材として国試の画像を使いますが、選択肢は一切ありません。
  • 純粋に画像を見ながら、患者マネージメントを考えていく講座です。
  • 画像はメジャーからマイナーまで(胸部X線、心電図、CT、MRI、病理、CTG、
    オージオグラム、医療機器、輸液の組成、動脈血ガス分析など)、あらゆる
    ジャンルの問題が含まれています。

 

画像を理解していますか?

あなたは自信を持って「YES」と言えますか?

「診断力を鍛える!画像診断演習」

 サンプル動画こちら

 

 

 

MediTunesは月額制のオンライン動画学習サービス(月額 1480円)です。
サプリ講座の視聴にはMediTunes会員であることが必須となります。

MediTunes 会員登録はこちら

映画を撮っていくような勉強の仕方

MediTunesブログ、いよいよスタート

MACより公開された成績UPのための臨床問題の解き方
その中からDr.東田Voice ご紹介します。

 

 

=============================

問題をたくさん解いて、線結びの丸暗記で何とか理解しようという勉強の仕方。

それは、映画 1本 の全体の流れの中の 1カット、1カットしか見てないんだ。

1カット をたくさん集めたらコマ送りの映画が見られるような気がして、
分かったような気になってしまう。

 

映画を全部見ていったら、どう?

 

1カット 出されて「これどのシーン?」って聞かれたらすぐ分かるよね。

「どうなるの?」「この前どうだった?」どう聞かれても、全部分かる。

 

現場では病院によって違うけど、国家試験はデータが与えられている。

映画の1カットが 出題されているだけなんだ。

症例を理解して、全体の流れを見て、映画 1本 を見ていくような形で、臨床問題を頭の中に入れていって欲しい。

 

頭の中でどんどん映画を撮っていこう。

このシーンはこれ、この次どうする、この前どうなってたか、映画を見るように。

 

by Dr.東田

=============================

 

 

MediTunes Blog

映画を撮っていくような勉強法。いかがでしたか?
低学年のうちに考え方のテクニックを身につけたいですね!

MediTunes 編集部