パス問PDF・サンプルDLできます

 

「デジタル」学習時代に最適の解説付きPDF 問題集。

「パスポート問題集」略して「パス問」

以下より、ダウンロードできます。

購入前に中を見たい方、是非チェック下さい〜

 

パス問・サンプルはこちら
ダウンロード

 

 

パス問使い方ガイドはこちら
ダウンロード

 

 

 

こちらぜ〜んぶWEBに搭載。データベースもセットです。

お手持ちのアナログ教材の問題番号を登録すれば、デジタル教材に早変わり。

 

問題集の登録の仕方は、近日本ブログにて紹介します。

国試DB」だけでなく、

「パスポートDB」も、

「パスポート問題集(PDF)」も、

どれも入っているのは、

2022 国試パスポート& 国試パスポートPlus

だけ。

是非、1年活用ください。

\お得な延長プランもあります/


 

お友達と大学単位で申し込むと学生証のアップロード不要ですぐにスタートできます。
MACへお問い合わせください。

 

 

 

*講座の購入・視聴にはMAC iShoolへの会員登録(無料)が必要です。初めての方はこちらから。

祝・「今日の1問」200問達成。

 

「今日の1問」本日で200問になりました!

 

 LINEで1日1問 国試過去問を出題!

 

 

MAC事務局 LINE公式アカウント:https://lin.ee/N0DMajU(@376mwwos)

 

毎日1問投稿を続けております。

医師国家試験予備校のMAC(マック・メディカル・アカデミー・コーポレーション)の 公式チャンネル、
LINEYouTubeTwitter など、ぜひご登録下さい。

 

 

LINEでは「今日の1問」の復習も実施しています。

お友達追加よろしくお願いします!

 

 

 

#医師国試 #医学 #MAC

 

 

MediTunes では、

● 内科メジャー科目、マイナー科目、必修科目、産婦、小児、救急、公衆衛生にテスト講座、
全て4月から配信中


● 
アップデートは無料! 例えば4月に買っても9月に最新版に切り替わるので、講座の購入の
タイミングを考える必要がありません


● 
テキストは検索可能なPDF(目次・しおり機能付き)です(一部製本テキストの講座あり)

 

 

 

 

 

 

MediTunesは月額制のオンライン動画学習サービス(月額 1480円)です。
サプリ講座の視聴にはMediTunes会員であることが必須となります。

MediTunes 会員登録はこちら

MediTunes アップデート講座のご案内です

 

「公衆衛生」、「マイナー総整理」2つの講座が、

アップデートしました!

*公衆衛生のアップグレードのみ有料(¥5,500)です。

 

まずは、

「公衆衛生」

公衆衛生を得点源にする!

価格:22,000円(税込)
講義数:12コマ
視聴期間:2021-12-31まで(延長プランあり)

サンプル動画こちら

 

 

「2020公衆衛生アップデート版」

【2020公衆衛生を購入した方専用】です

価格:5,500円(税込)
講義数:12コマ
視聴期間:2021-2-28まで

サンプル動画こちら

 

 

 

マイナー総整理(8教科セット)、は無料アップデート!

「マイナー総整理」

速習!! 人気のマイナー講座

価格:33,000円(税込)
講義数:26コマ
視聴期間:2021-02-28まで

サンプル動画こちら

 

 

 

MediTunes では、

● 内科メジャー科目、マイナー科目、必修科目、産婦、小児、救急、公衆衛生にテスト講座、
全て4月から配信中


● 
アップデートは無料! 例えば4月に買っても9月に最新版に切り替わるので、講座の購入の
タイミングを考える必要がありません


● 
テキストは検索可能なPDF(目次・しおり機能付き)です(一部製本テキストの講座あり)

2020年、穴埋めPDFも登場!

 

 

 

 

 

 

MediTunesは月額制のオンライン動画学習サービス(月額 1480円)です。
サプリ講座の視聴にはMediTunes会員であることが必須となります。

MediTunes 会員登録はこちら

臨床問題の解き方って?

 

Dr.東田の臨床問題の解き方

2019年 MACの開校日の講義。

医師国家試験で出題される臨床問題の解き方、および、
国試合格・成績アップにつながる勉強方法の話ですが、
皆さん、ご覧になりましたか?

ちょっと、113回の問題をピックアップしてみましょう。

 

第113回医師国試解説

【113A24】

45歳の女性。発熱、咳嗽および呼吸困難を主訴に来院した。1週間前の7月初めに咳嗽が出現し、3日前から37℃台の発熱があり、昨日から呼吸困難も伴ったため受診した。3年前から毎年6月初旬から8月にかけて同様の症状を起こし、昨年も入院加療している。3年前から築25年のアパートに暮らしており、室内には趣味の観葉植物が多くあるという。両側胸部にfine cracklesを聴取し、胸部エックス線写真ではびまん性散在性粒状陰影を認める。Trichosporon asahii 特異抗体が陽性である。

この患者で認められる可能性が低いのはどれか。

a. IgE高値

b. 帰宅試験陽性

c. 拘束性換気障害

d. 肺の病理所見で肉芽腫

e. 気管支肺胞洗浄液CD4/CD8比低下

=============================

45歳の女性です。
発熱呼吸困難、主訴が3つ。

主訴には想定される因果関係がある。
患者さんは主訴で来る、つまり、結果で来ます。

結果をみて、原因は何かを我々は考える必要がある。
原因があって、その結果どうなるか。因果関係は分かりやすいですね。

でも結果から原因を推測するのってめちゃくちゃ難しいです。
練習が必要なんです。

 

by Dr.東田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんの主訴から、病気の原因を導く。

これが診断力です。

 

 

できれば低学年の時から東田先生の講義でトレーニングしてみて下さい。
必ず後から結果がついてきます。

4月から働き、半年で既に悩んでいる研修医の方には初心に戻る意味で、
医学生の方は勉強の仕方を振り返るきっかけとして、
是非視聴してみてくださいね。

 

=============================

臨床問題の解き方って?いかがでしたか?
低学年のうちに考え方のテクニックを身につけたいですね!

MediTunes 編集部

 

 

 

MediTunesは月額制のオンライン動画学習サービス(月額 1480円)です。サプリ講座の視聴にはMediTunes 会員であることが必須となります。
MediTunes 会員登録はこちら